Steamホラー「Emily Wants to Play Too」サンドウィッチ配達員が体験する、一晩の恐怖体験とは

いかれた人形達から、逃げて隠れて追いかけられて・・・

2017年12月14日リリースされたSteamホラーゲーム「Emily Wants to Play Too」。

大ヒットした前作に新たなキャラクター・新たな恐怖を加え、パワーアップして帰ってきました。

「振り向いたらすぐ後ろに・・・」「どこまでも追いかけられる・・・」

絶叫要素たっぷり。実況動画などでご覧になった方も多いことと思います。

2018年4月24日にはPS4版がリリース予定。さらに前作同様、VRにも対応予定とのこと。

今後ますます盛り上がりそうな「Emily Wants to Play Too」。

本記事ではゲームの概要や魅力、そして怖いポイントなどをご紹介します。

興味を持たれた方、ぜひご覧になってくださいませ。



概要

サンドウィッチ配達のため、とある施設を訪ねる主人公。

そこは犯罪研究施設、犯罪現場からの証拠が保管されている。

その中には気味の悪い人形がいて、最近新たに3体持ち込まれたとか。

主人公を待ち受ける恐怖とは・・・

システム

個性豊かなキャラクター達

本作にはヒロイン(?)のエミリーを含め、7体の個性豊かな敵キャラクターが登場します。

見た目はもちろんのこと、行動パターンが大きく異なります。

  • 視線を外すとと追ってくる
  • 物音を立てるとダメ

などなど。

出会ったら、それぞれのキャラに適した対応を取らなければなりません。そうしないと・・・

ステージごとのルールが存在

本作はステージ制。

クリア条件を達成することで時間が経過、次のステージへと進みます。

いつもは追いかけられたり驚かされたりする側ですが、逆に追いかける場合も?

Emilyの魅力

度肝を抜かれるホラー演出

エミリーと言えばこれでしょう。

  • 物音がする?と思ったら背後に・・・
  • 部屋に入ったら突然照明が消えて、なにかが近づいてくる・・・

あなたのホラー欲を、きっと満たしてくれるはず😊

やりごたえ、攻略感

前述したようにキャラごとに行動パターンが異なります。

そのため、敵と遭遇した際には、

  • 行動を観察する
  • いろいろやってみる
  • 失敗する💦

繰り返し試行錯誤し、クリアを目指します。

これが難しいんですけどね!!死にまくります、何度も何度も。

それだけに、上手いこといった時の快感はなかなかですよ!

安い

税込820円、前作「Emily Wants to Play」とのセットだと1054円!!安い!!

ここがちょっと・・・

ヒントの場所

ある部屋にルール・説明が記載されています。が、

それに気付くまで、何度死んだことか・・・

まあこれさえわかれば、あとは攻略するだけ。

何度も死にながら、ベストな対応策を探す作業は面白かったです。

暗くて目が疲れる

まあホラーですし、しょうがないんですが・・・

真っ暗な状況、懐中電灯だけを頼りに探索することがあります。

視界も通常時より狭くなり、目に負担がかかります。

長時間プレイする際には、休憩を途中に挟みましょう🙂

基本情報

  • タイトル    Emily Wants to Play Too
  • ジャンル    ホラー
  • 対応機種    PC(Steam)
  • 開発元     Shawn Hitchcock
  • 販売元     SKH Apps
  • リリース日   2017年12月14日
  • 価格      820円(税込み)

必要スペック

  • OS         Windows 7,8,10
  • プロセッサー   Intel Core i5
  • メモリー             6 GB RAM
  • グラフィック      Nvidia GeForce GTX 770(2 GB VRAM)
  • ストレージ         4 GB 利用可能

リンク

「Emily Wants To Play Too」Steamストアページ