Steamゲームをプレイ中、画面にフレームレートを表示させる方法

ゲームを遊ぶ際に、動作の快適さを示す指標となる「フレームレート」。

Steam の場合、ごく簡単な設定をするだけ。

プレイしているゲームのフレームレートを、画面上に表示させることができます!

本記事では、フレームレートを表示させる方法と数値の目安についてお話していきます。

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



フレームレートってなに?

設定方法の説明の前に、ざっくりとご説明いたします。

ゲームをプレイするときの画面は、静止画が根元。

静止画を何枚も連続で表示。それにより、滑らかな映像となって表示されます。

この静止画をフレームと呼びます。

フレームレートは、1秒間に表示されるフレーム数。 fps(frame per second)で表されます。

ゲーム画面に表示させる方法

まずはSteam クライアントを起動。

左上メニューの Steam 、あるいは表示をクリック。

表れたリストの中から設定をクリックします。

 

左側の項目からゲーム中を選択。

「ゲーム中のフレームレートを表示」という欄があります。

ここでフレームレートの表示位置を「左上・右上・右下・左下」の中から選択できます(初期設定では OFF)。

また高コントラストカラーのチェックボックスを ON にすることで、ゲーム画面上で目立たせることが可能。

上の画像は

  • 画面右上表示、高コントラストカラーOFF
  • 画面右上表示、高コントラストカラーON

の比較になります。参考になさってください🙂

フレームレートの目安

60 fps 以上で安定していれば、通常プレイに支障はないでしょう。

ですが、ゲームの種類によって必要なフレームレートは異なります。

例としてよく挙げられるのが、FPS(First Person Shooting)

勝敗が一瞬でつくシステムで、高度なプレイヤースキルが求められます。

それに加えて必要なのが、精細なグラフィック。

「100 fps 以上は欲しい」という話を耳にすることも・・・

私自身はサバイバルやホラーといったジャンルを好んでプレイしていますが、60 fps で十分満足しています😊

ディスプレイは表示できるフレームレートに上限があります。詳細は省きますが、60 fps が限界の製品がほとんど。この点からも、「60 fps」が一般的な指標になるかと思います

フレームレートが低いとどうなる?

美麗な3DムービーなどPCに負荷のかかるシーンで、

「映像がカクカクするする」「ラグがひどい」

こんな症状が現れたら、フレームレートが大きく下がっている状態です!

使用されているPCのスペックが、

  • ゲームの要求スペックを下回る
  • 要求スペックギリギリ

こういった場合に起こりえます。

ゲーム内でグラフィック関連の設定を下げることで、PCへの負担を抑えることができます。

必ずとは言えませんが、ある程度改善が見られる場合も。

もちろんですが、低い設定にすることでグラフィックは劣化します・・・

 

PCスペックについての記事はこちら

Steamを遊ぶために最低限必要なPCスペック(2017年5月)

2017年5月22日