宇宙船に宇宙人、宇宙基地建設・・・ロマンあふれるSFサバイバル「No Man’s Sky」

宇宙を舞台としたサバイバルゲーム「No Man’s Sky」。

2016年8月、Steamより配信開始。その後PS4、およびXbox One からもリリースされています。

特徴的なのが、本作のアップデート具合。

リリース直後は、ユーザーからの不満が多く、なかなかの酷評だっだそうですが・・・

ユーザーの要望を取り入れ改良を続け、素晴らしいゲームに生まれ変わっています。

私はちょうど半額セールだったので購入してみたのですが・・・ドハマりしております。

とにかく、やれることが多い「No Man’s Sky」。

惑星を歩き回って資源を集めたり、基地を建築したり。

未知の動植物や建物を見つけたり、謎の信号を受信したり。

本記事では、そんな「No Man’s Sky」の基本情報や魅力についてお話していきます。

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



知っておきたい基本知識・ワード

「No Man’s Sky」では宇宙的な用語がポンポン出てきます。

実際にプレイして慣れると大したことありませんが、初めのうちは何のことを言っているのかわけわからんことにも。

個人的に重要そうと感じたことについて、まず説明させていただきます。

ゲームの舞台「宇宙」について

銀河>星系>惑星

このように構成されています。

銀河は、無数の星系からできています。

星系「オグダンク ⅩⅣ」の基本情報

星系「ナグレンフ」の基本情報

生息する生命体の種類経済状況など、星系ごとに異なります。

さらにその星系内には、複数の惑星が存在。

宇宙ステーション

必ず何度も訪れることになるのが、この宇宙ステーション

各星系に、1つ存在します。

  • アイテム売買
  • 各種設計図や部品の購入
  • ミッション受託
  • 情報収集
  • 宇宙船購入

などなど・・・ここでできることはいっぱい。

また、内部にテレポート施設が備わっています。

訪れたことのある宇宙ステーション、および基地にテレポート可能。

実に便利です。バンバン使いましょう😊

設計図を入手すると、自分の基地にも設置できるようになります。

ステーションや、星系・惑星間の移動が楽チンに。

メイン画面

① 危険防御システム

惑星ごとに気候条件が異なります。

寒かったり、毒が蔓延していたり・・・

このゲージは、そういった劣悪な環境下で減少します。

② 生命維持システム

酸素残量のようなもの。

ダッシュやジェットパック(ジャンプ)の使用で大きく減少します。

①、②ともにアイテムや資源を使用することで回復可能。

ゲージが尽きてしまうと、ここでは見えませんが体力がガンガン減ります。

体力が0になれば・・・死にます😊

③ 惑星情報

惑星名と気候に関するデータが表示。

Toxは毒性、Redは放射性の強度を表しています。

④ アイコン

建造物や資源までの距離・方角をナビしてくれます。

周辺をスキャンする、あるいは情報を入手することで画面に表示。

⑤ 武器

現在装備している武器、およびその残量が表示されます。

装備はGキーで切替可能。

こちらも資源を使用することで回復します。

惑星探索について

  • アイテム作成のための素材集め
  • ミッション遂行
  • 建造物の発見

などなど・・・惑星ですることはいっぱい。

見た目もさることながら、生息する動植物なども惑星ごとに異なります。

周囲を探索することで、いろいろなものが発見できます。

その一部をご紹介。

動物・植物・鉱物

採集・破壊することで、酸素や炭素といった資源を入手可能。

武器や装置の燃料となったり、アイテム作成時の材料になったりします。

また、惑星内には鉱脈も存在。

専用の装備が必要になりますが、大量の資源を入手可能。

建造物・オブジェクト

知識の石

生命体の言語を学習できます。

交易所

アイテムの売買や、宇宙船の購入などができます。

生命体から建造物の位置情報を入手することも可能。

宇宙ステーションに近い機能を持っています。

墜落した貨物船

なにやら巨大な物体が・・・貨物船のなれの果てです。

周囲には残骸だけでなく、貨物ポッドも埋まっています。

中身は頂いていきましょう。

投下ポッド

アイテムの所持上限を増やすことができる、貴重なオブジェクト。

ただし、資源が必要になります。そういうものです・・・

センチネルについて

惑星内を探索していると、警備ロボのようなものと遭遇することがあります。

こいつがセンチネル

これの目の前で伐採や採掘をすると、攻撃してきます。

1体だけなら大したことはないのですが・・・

増援を呼びます。どんどん強い敵がわらわらと・・・

倒すとナノマシンクラスターなどを入手できますが、武器が弱いうちは大変です。

そっとしておきましょう。

宇宙船

「No Man’s Sky」では自分の宇宙船を所有することができます。

いかがでしょう、ロマンを感じませんか?感じますよね!

宇宙が舞台ということもあり、重要なコンテンツの1つ。

以下に、宇宙船の説明をざっくりとしていきます。

移動手段として

惑星、そして宇宙空間における移動手段になります。

宇宙空間では通常飛行のほか、便利な機能が使用可能。

超高速移動のパルスドライブ

他の惑星に移動するときなどに。

目的地までスーン。ワープ

他星系への移動時などに使います。

アイテム収納

宇宙船自体にアイテムを格納できます。

より所持枠の大きな宇宙船を所有することで、探索効率もうなぎ登りに

宇宙船バトルもあります

宇宙では敵艦とバトルを繰り広げることも。

駆逐しましょう。汚物は消毒しましょう。

大きな貨物船も

こんなんもあります。

内部に複数の宇宙船を格納できます。

さらには艦隊を指揮することもできたり。

アツい・・・

基地建築

惑星に基地を作ることができます。

宇宙基地ですよ!まさにロマン😊

基地内部には、実に様々な施設やオブジェクトを建築可能。

便利なもの、ゲーム進行に必須なもの、さらにはインテリアまで・・・

いろいろあります。

また、基地の外観についても自分好みにいじれます。

私も本当はもっとオシャレでハイカラなベースを作りたいのですが・・・

資源が足りません💦

最初から作成可能なレシピはごくわずか。

イベント進行やアイテムの使用により、どんどん増えていきます。

まとめ

やればやるほど、できることが増えていく。

「No Man’s Sky」はそんなゲームです。

ここには書ききれなかった要素も、たくさんあります。

強化や乗物などなど・・・

私自身50時間ほどプレイしましたが、まだまだ遊べます。本当に楽しいですよ!

最初は、うーん・・・と思っていましたが、今では止め時を見失うくらいにハマっています。

腰を据えて、しっかり遊べるサバイバルゲームをお探しの方には、特におすすめです。

本記事をご覧いただき、本当にありがとうございました。

基本情報

  • タイトル    No Man’s Sky
  • ジャンル    SFサバイバル
  • 対応機種    PC(Steam), Playstation4, Xbox One
  • 開発元     Hello Games
  • 販売元     Hello Games
  • リリース日      2016年8月13日(Steam)
  • 価格      6.080円

必要スペック

最低

  • OS         Windows 7(64 bit)
  • プロセッサー   Intel Core-i3
  • メモリー             8 GB RAM
  • グラフィック     NVIDIA GeForce GTX 480(1.5 GB VRAM)
  • ストレージ         10 GB 利用可能

公式トレイラー

リンク

「No Man’s Sky」Steamストアページ