返金リクエストについて

ゲームを購入、プレイしてみたものの「あれ、思ってたのと全然違う・・・」こんな経験ありませんか?私はあります。つい最近やらかしたばかりです💦

ご安心ください。こんな場合でも、Steamは返金リクエストを送ることですぐに対応してくれます。

本記事では返金が可能となる条件、手順、注意点等を書いていきます。「ちょっと心配・・・」という方は是非ご覧くださいませ。なんとなくイメージを掴むだけでも、必要に迫られた際の心境はかなり変わってくると思います🙂



こういう場合は返金可能

  • 2週間以内(リクエスト日から)に購入されたタイトル
  • プレイ時間が2時間未満

ゲームやソフトウェア(イラストソフトなど)について返金リクエストする場合、この2点が条件となります。

「・・・本当にこれだけ?」

これだけです!心配になるほど少ないですよね💦ただ、DLCやその他についてはこの他にも条件があったり、返金対応できない場合もあります。詳細を知りたい方はこちらをご覧ください。

Steam公式サイト Steam返金ページ

http://store.steampowered.com/steam_refunds/

返金リクエストの手順

Steamクライアント(導入時にインストールしたアプリケーション)、またはSteam公式サイトから返金申請ができます。今回は公式サイトから行う場合の手順をご紹介します。

ログイン後、ページ最上段メニューの「サポート」をクリックします。

 

Steamサポートページに移動しました。次に返金リクエストを行うタイトルをクリックします。「最近の製品」にない場合は、下にある「ゲーム、ソフトウェア等」から探すことができます。

 

タイトル名と画像が表示されます。その右側にプレイ時間、及び購入日時の欄がありますのでご確認ください。

「思っていたのと違った」をクリックします。下から2つ目「ゲームプレイあるいは技術的な問題」を選択しても同様の処理ができます。

誤って最下部にある「このゲームをアカウントから永久的に削除したい」を選択すると、データが消去され二度と返金リクエストを申請できなくなります!ご注意ください。

 

下の「返金を受けたい」をクリックします。

 

返金額、及び返金先が記載してあります。私はSteamウォレットからゲームを購入したので、自動的にウォレットが返金先として設定されています。ちゃんと全額戻ってくるようです icon-leaf 

下部のドロップダウンリストから返品理由を選択し、返金リクエストは完了となります。

 

ユーザーにとって親切なシステムですが・・・

お話してきたように、Steamの返金制度はお手軽・かつ簡単に利用することができます。ただ、条件の緩さに対してはユーザーからも賛否両論あるようです。つまるところ、ほぼ全てのタイトルを「2時間」は無料でプレイできることになりますので・・・低価格帯の短編ゲームの場合、中盤~終盤まで遊べてしまいます💦何度も繰り返し返金リクエストを行うプレイヤーには確認のメールが送られるとのことですが、悪意を持ってそのようにしているかは判断しづらいですからね。「ユーザーのモラルに委ねられている」、そんな状況でしょうか。