Google翻訳アプリの活用、日本語対応していないゲームも遊んでみます

あ、これ面白そう!そんなゲームを見つけたものの、「日本語に対応していない・・・」

こんな経験、あるかと思います。

英語が得意でない方も(私自身)一語一語辞書に打ち込み、和訳していけばなんとかプレイできます。が、

「めんどくさい・・・チュートリアルでつまずく・・・和訳しているうちに日が暮れる・・・」

こんな問題をスパッと解決してくれるのが「アプリ版Google翻訳」。

カメラ翻訳機能が搭載しており、これが便利。

パシャっと英文を撮影するだけ、あとは勝手に翻訳してくれます。

手間いらず!これで日本語化できないゲームもプレイできます!

本記事ではGoogle翻訳のカメラ翻訳について、概要や実際の利用方法についてご紹介。

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



カメラ翻訳について

翻訳したい単語・文章をカメラで撮影するだけ。

このように、自動で翻訳してくれます!

短い文章や単語の翻訳であれば、通常のテキスト翻訳でこと足ります。が、

長文の場合、単語を調べるだけでなく、文章としての意味を考える必要が。

英語が得意な方にとっては、そもそもパッと見て理解できるかと思います。

ですが、「英語が苦手・・・だけど日本語非対応ゲームもやりたい!」

そんな欲張りな方にとって、カメラ翻訳機能は救世主となるでしょう。

使用方法

インストール~翻訳ファイルのダウンロード

まずはインストール。Google Play はもちろん、App Store でも配信されています。

Google 翻訳
Google 翻訳
開発元:Google, Inc.
posted withアプリーチ

初回起動時、「オフライン翻訳ファイル」のダウンロードを促すダイアログが表示されます。

オフライン環境で翻訳可能になります。

ダウンロードしておきましょう。

カメラ翻訳

それでは実際に使ってみましょう。

こちらは起動時に表示される、メイン画面になります。

画面上の赤枠内で、左側が英語・右側が日本語になっているか確認します

左上のカメラアイコンをタッチ。

カメラが起動します。

Google翻訳アプリからカメラへのアクセスを求められた場合、許可しておきましょう。

画面中央に「ここにテキストを合わせます」と表示が出ます。

正確に位置を合わせる必要はありません。ピントさえ合っていれば、基本的に読み取ってくれます。

さっくり調整したら、画面下の赤い撮影アイコンをタッチ。

単語ごとに、白枠で囲まれているのが確認できます。

ここで複数の単語を指でなぞると、その部分だけ翻訳することが可能。

和訳は画面上の赤枠内に表示されます。

画面下、中央のアイコンをタッチすると、全文翻訳されます。

長文の場合画面内に収まらず、見切れてしまいます。

和訳の右側にある矢印をタッチしましょう。

メイン画面に戻ります。

上段に英文が、下段に翻訳された文章が表示されていますね。

見てみるとわかりますが、精度はそこまででは・・・

とは言え、なんとなくでも文全体を把握することができます。

何を言おうとしているのか、それさえわかればゲームに支障はありません!

右上の☆をタッチ。翻訳した文章を保存することができます。

その後、画面下の保存済みをタッチすると、

このように、保存した文章を一覧で閲覧できます。

フォルダを作成して、ゲームごとにまとめられれば最高なんですが・・・できません💦

メモやその他アプリにも保存できますので、そちら側で整理すれば大丈夫です😊

効率よく翻訳するために

ゲームをプレイしながら、その都度スマホやタブレットを構えてパシャパシャ ・・・

これだと効率が悪く、面倒です。やってられないですよね💦

スクリーンショットを保存、あるいは録画しておいて、後でまとめて翻訳しましょう。

これである程度時短することができます。

まとめ

どうでしょう、日本語に対応していないゲームも遊べそうな気がしてきませんか?

字幕がないゲーム、あるいは英文が大量に現れるアドベンチャーゲームについては、やはりしんどいと思います。

ですが、「操作・システム・目的」といった重要点さえ理解できれば、快適にプレイできるゲームもあります。

サバイバルやアクション、そういったジャンルが当てはまりますね。

手間がかかることに変わりはありませんが、まだ見ぬ面白いゲームと出会える機会は確実に増えるはず。

興味が湧いた方はぜひお試しください。

ご覧いただき、ありがとうございました。