壁紙が動く!可愛すぎ!「Wallpaper Engine」導入マニュアル

まずはこちらの動画をご覧ください。

いかがでしょう。デスクトップ上で、ヌルヌル動く某マンガ先生。めちゃくちゃかわいいですよね!華やか!神々しい・・・

この動く壁紙は、Steamのソフトウェア「Wallpaper Engine」を使い設定しています。本ソフトは2016年末、早期アクセス版としてリリースされ大ヒットを記録しました。Twitter等のSNSでも話題になりましたし、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ちなみにこの壁紙ソフト、お値段は398円(税込み)。さらに、壁紙自体はSteam上で無料で入手することが可能です!すごいですよこれ・・・いやほんと💦

本記事では「Wallpaper Engine」の使い方、壁紙の入手方法についてご紹介します。簡単な設定をするだけで、あなたのデスクトップに革命が起きますよ!ご興味を持たれた方、ぜひご覧になってくださいませ。



「Wallpaper Engine」の設定

まずは購入・インストール

Steamクライアントを起動。[Wallpaper Engine]のストアページに移動し、購入しましょう。

クライアントをまだインストールしていない方や、購入方法がわからない方は、こちらの記事を参考にしてくださいね🙂

 

購入後、「今すぐ使う」をクリック、インストールウィザードが起動します。ショートカットなどを好みの設定にして、インストールを開始しましょう。

購入したソフトウェアは、ゲームタイトルと同じく「ライブラリ」で確認することができます。ライブラリから起動することで、後でインストールすることも可能です。

初期設定

WallPaper Engineの初回起動時に設定をします。後で変更できるので、あまり気にせずサクサク進みましょう!

 

デフォルトの言語が日本語になっていることを確認します。「Let’s GO!」をクリック。

 

画質設定はそのまま「中」にしておきます。設定後、実際の動作の様子やCPU・メモリの使用率を確認し、余裕があったら「高」に上げてみましょう。

「次>」をクリックします。

 

上段の「ツールバーの色も自動変更する」を有効にすると、デスクトップ下のタスクバーやスタートメニューの背景色が変更されます。

下段「PC起動時に自動起動する」するについては、デフォルトではチェックが付いていません。このままだと、PCをシャットダウン・再起動するたびに「自分で」Wallpaper Engineを起動する必要があります。面倒ですよね💦チェックを入れて自動起動を有効にしましょう!

 

以上でWallpaper Engineの設定は終了です。

次の項目では、「Steamワークショップ」にて壁紙を入手し、実際にデスクトップで動かす方法をご紹介します。

動かす、と言っても面倒な処理はありません!ポチポチっと押すだけ。引き続きご覧いただければ幸いです🙂

ワークショップで壁紙を手に入れましょう

ワークショップとは、ユーザーが作成したコンテンツやファイルを共有できる場所で、そのほとんどを無料で入手することができます。

無料とはいえ、侮ってはいけません。本記事でご紹介している、某先生の壁紙も無料ですし!ありがたやありがたや・・・m(_ _)m

ワークショップを開く

こちらがWallpaper Engineのワークショップです。国内・国外問わず、ユーザーが作成した壁紙を閲覧、ダウンロードすることができます。

アニメやゲームの作品が多く、その他に自然風やSFなどが掲載されています。とにかく凄まじいクオリティ!心惹かれる壁紙が見つかること間違いなし🙂

 

Steamクライアント上のライブラリ、もしくはデスクトップ右下のインジゲーターからアクセスできます。

インジゲーターは非表示になっている場合があります。そんな時は上の画像に見えている、タスクバー上の「^」をクリックすると確認することが可能です。

サブスクライブして壁紙をダウンロード

「これがいい!」そんな作品は見つかりましたか?

Wallpaper Engineワークショップのトップページで壁紙の画像をクリックすると、上のように壁紙の詳細なデータを閲覧することができます。ムービーやファイルサイズを確認しておきましょう。

問題がなければ、「サブスクライブ」をクリックします。

 

するとボタンが「サブスクライブ中」に変化し、ダウンロードが開始します。もう少しの辛抱!しばし待ちます。

「サブスクライブ?何それ?」と思われた方もいらっしゃると思います。英語では「購読」「寄付」といった意味があるようです。

これだけ聞くとお金がかかるような気もしますが、ご安心ください。「サブスクライブ」と表示されている作品は全て無料です!

有料のものについてはこの表示がなく、代わりに金額と「カートに入れる」が表示されています。わかりやすいですね🙂

起動して壁紙を動かしましょう

画面説明

大変ながらくお待たせしました。それではソフトウェアを起動し、設定していきましょう!Steamクライアント、もしくはデスクトップ上のショートカットから開くことができます。

先ほどダウンロードしたマンガ先生の他に、13枚のサンプル壁紙が画面に表示されていますね。

トップ画面では、以下のような操作をすることができます。

  • 壁紙の変更
  • 設定
  • ワークショップを開く
  • ストアページを開く
  • 壁紙の作成

Wallpaper Engineではオリジナルの動く壁紙を作ることが可能です。簡単に作成できるようですが、本記事では省かせていただき、別の機会に改めてご紹介させていただきます🙂

設定を確認

右上の歯車アイコンをクリック、設定を見てみましょう。先ほどの初期設定時の項目を含む、再生時・画質・音声などの設定を変更することができます。

基本的にそのままで構わないと思いますが、私は壁紙の音声はOFFにしています(一般タブ、下の方にあるチェックボックス)。

 

設定が済んだら、一覧表示されている壁紙の中から動かしたいものを選択し、右下の「OK」をクリック。自動でデスクトップ画面に移動します。

一連の作業はこれで完了です。お疲れさまでした!

どうでしょう、動いていますか?ちょっと幸せな気持ちになりませんか?いやはや、いい時代になったものです・・・( ˘ω˘ )

まとめ

「たかが壁紙、されど壁紙」

PCを使う際にはデスクトップ画面を開きますよね。仕事、ゲーム、ネットショッピング・・・人によって使用目的は違っても、必ずここから始まります。

いつも目にする壁紙が変わるだけで、気分も変わります。「よし、頑張ろう!」そんな気にさせてくれます。

一度設定してしまえばあとは簡単です!ぜひお試しくださいませ。

リンク

「Wallpaper Engine」ワークショップ