私がHTC Viveを選んだ理由

昨年2016年はまさにVRフィーバー。Oculas Lift、HTC Vive、Playstation VRなど、各メーカーからVR用HMDが続々とリリースされましたね。

流れに遅れ2017年3月、ついに私もVRマンとなりました。

購入に向けて動き出したのは昨年末。気付けば3ヵ月ほど経過していました。

その間何をしていたのかと言いますと、

「いろいろあるけども、結局どれがいいの・・・?」

ひたすら悩んでいました💦

購入する強い意思はあるものの、自分にとってどのHMDがベストなのか、さっぱりわからず。

PCは長いこと触ってきましたが、VRの知識など持ち合わせていません。

「あ~、やっぱりアレにすればよかった!」とか、買ってから後悔したくないですからね。高いですし!

あれこれ比較検討した結果「HTC Vive」に決め、VR推奨PCとセット購入しました。

お値段は約300,000円。安月給リーマンの私には痛い出費でしたが、悔いはありませんし満足しています。幸せです🙂

本記事では、私が「数あるHMDの中からHTC Vive選んだ理由」をお話していきたいと思います。

目を通してくださる皆様にとっての後悔しないHMD選びに、少しでも貢献できれば幸いです。



よくある比較サイトに書いてあること

PSVR、Oculus Rift、HTC Viveの比較サイトを覗くと、大体このようなことが記載しています。

・解像度、視野角ともにPSVRが劣る

・トラッキング性能ではViveが優秀

・リフレッシュレート(フレームレート)は設定を変更することでPSVRが最も高くなる

性能差やそれぞれの特徴など、数値を上げつつまとめていらっしゃいます。が・・・

「そんなに違うの?」

という素朴な疑問が。

数字自体は理解できますが、実際どれほどの差を体感できるのか、いまいちわかりません。

3つのHMDを交互に付け替えれば気付く程度なのか?一目でわかるほどなのか?

ということで、性能面での選択は諦めました。

「VRで何がしたいのか」考えてみました

VRカノジョより使用

そうです、エロゲがやりたかったんですよ!某VR のカノジョですね。

我ながらしょうもない動機です🙂

それと、可能であればバイオハザード7をVRプレイしてみたいなあと。

冒頭で言及した、VR界における3種の神器(?)PSVR、Oculus Rift、HTC Vive。

異なるのは性能面だけではありません。扱っているコンテンツが違いますよね。

18禁ゲームをプレイ可能なのはRiftとVive。ここでPSVRはバッサリ除外します。

バイオよりエロゲ

私はこういう選択をしたわけです。こんな大人でいいのか・・・まあいいですよね、男ですから icon-leaf 

バイオハザード7のVRモードは「1年間はPSVRのみ対応」とのことです。2018年以降PC対応もあり得るようで。

こんなことを妄想しました。実際どうなるかわかりませんが・・・

今後リリースされるPSVR専用タイトルも、いずれPCでプレイ可能に?

→ じゃあ、エロゲもできるRiftかViveの方がいいよね!

Riftか?Viveか?

両者で異なる最大のポイントは「ルームスケール」への対応でしょう。

デモなどでよく見かける、空間を動き回って遊ぶことができるアレですね。

・Oculus Rift     不可(センサーを追加購入することで可)

・HTC Vive        可(標準でベースステーションが2個付属)

なんとなく、HTC Viveの方がどっぷりとVRの世界を楽しめそう・・・

2.0 m × 1.5 mのプレイエリアを確保できれば、とりあえず ルームスケールでVRプレイが可能となります(最大は5.0 m × 5.0 m )。

6畳半のマイルームでもなんとかなりそうです。

安心感・お得感のあるVive

この点が最後の決め手となりました。ケチな性分ですから🙂

Oculus Riftは日本国内に正規代理店が存在しません。

・日本語の対応が心配

・初期不良への対応が心配

・正式な日本語での操作マニュアルがなくて心配

不安が募ります・・・

一方Viveは、ドスパラ・パソコン工房といった大手ショップが正規代理店となっています。

ドスパラ

パソコン工房

各サイトにザっと目を通すだけでも、

・VRに適したPC環境( VR Ready )の説明

・サポートを受ける際に必要なこと

・PCとセット購入で~万円引き!

多くのViveに関する情報を入手することができます。

HMDが高価なこともあり、やはり疑問や不安に答えてくれる点に大きな魅力を感じました。

そしてセット割とプロモーション。

「ええ!?お得すぎでしょ、それじゃあ今買う!」

完全に釣り上げられました・・・

実際お得だったと思っていますし、もともとPC+VR用HMDのセット購入を予定していたので、全く不満や後悔はありません🙂

まとめ

このように「エロゲ・安心感・お買い得感」でHTC Viveを選んだ私です。

VR用HMDの選択について、もっと理論的な記事にする予定だったのですが・・・

正直に書いていたらこうなりました💦

2017年5月現在、VRは対応ゲームが少なくまだまだ未成熟な分野だと思います。

「VR体験」がメインであり、1つのゲームとしてガッツリ遊べるものは更に少ない。こんな印象があります。

私自身、Viveを手にしてから購入したVR用ゲームはたったの2タイトル。

「VRカノジョ」と「ハニーセレクト」どちらもエロゲです!(ミリオンアーサーVRは無料で入手)

それでも、何度も言いますが後悔はしていません。それだけスゴイんです、VR!

今後はクーロンズゲートやグランブルーファンタジーなど、個人的に興味をそそられるタイトルが続々とリリースされます。

どちらもPSVR用タイトルなんですが・・・まあ今は考えないことにしましょう💦

VR元年と称される2016年。2017年はVRにとって、一体どんな年になるのでしょうか🙂