「Wallpaper Engine」 は本当に重い?計測してみました

デスクトップに動く壁紙を設定できる、Steamのソフトウェア「Wallpaper Engine」。

その手軽さとクオリティの高さが魅力で、ストアで常に上位にランクインする人気っぷり。

でも、けっこう重くなるんでしょ?そう聞いたよ?

私自身2年ほど愛用していますが、あまり気になったことがないんですよね・・・

とは言え、不安を感じている方が多いのも事実。ここははっきりさせましょう。

 

FF14、およびDivision 2のベンチマークテストを実施。

・Wallpaper engine を起動していない状態

・Wallpaper engine を起動している状態

上記2パターンのスコアを計測します。

もしWallpaper engineがめちゃくちゃ重いのであれば、後者が大幅に低くなるはず。

はたして、どうなることやら・・・

興味を持たれた方、ぜひご覧くださいませ。



ベンチマークスコアとは?

動作の快適さを示す指標。このスコアを計測するのがベンチマークテストです。

Ff14といったゲーム用のテストでは、ゲーム画面やムービーを表示。

それに対するPCの負荷・フレームレートなどを計測し、最終的なスコアが算出されます。

計測条件・概要

実施したベンチマークテストについて

FF14 および Division 2 のベンチマークテストを行いました。

FF14は、公式サイトよりベンチマークソフトをダウンロード。インストールして実行。

Division 2は、ゲーム内設定よりベンチマークテストを実行可能です。

Wallpaper Engine を「起動していない状態」および「起動している状態」。

それぞれ5回ずつテストを実施。両者の平均を比較します。

Wallpaper engineの設定

  • 壁紙は初音ミク。超クオリティで、壁紙自体の知名度も高いことが選択理由。

そしてかわいい。

  • グラフィックは最高設定に。アンチエイリアスはMSAA×8、フレームレートは59。
  • その他

デフォルトでは、Wallpaper Engineの前面に他アプリが表示されると、壁紙が停止する設定になっています。

この状態では負荷を測れないため、常に表示する設定に変更。

使用PCのスペック

・OS:Windos10 (64 bit)

・CPU:Intel Core i7-7700 (3.60 GHz)

・メモリ:16 GB RAM

・グラフィックカード:NVIDIA GeForce GTX 1070 (8 GB)

2年前に購入したゲーミングPC。

当時の性能に対する評価は、おそらく「中の上」くらいだったかと思います。

20万ほどでしたが、今だったら10~15万で購入できるでしょうね・・・

時代の流れは速いものです。

計測結果

FF14

  • Wallpaper Engine 起動なし
1回目2回目3回目4回目5回目平均
スコア137601376813835137621375513776
平均FPS104.6556104.6862104.9972104.352104.8163104.7015
最低FPS444444434443.8

 

  • Wallpaper Engine 起動あり
1回目2回目3回目4回目5回目平均
スコア136701373913589137081358113657
平均FPS103.2092103.9719102.6343103.3418102.5575103.1429
最低FPS444442434243

 

  • 比較
WE起動なしWE起動あり
スコア1377613657
平均FPS104.7015103.1429
最低FPS43.843

Division 2

  • Wallpaper Engine 起動なし
1回目2回目3回目4回目5回目平均
スコア536553565368536653695364.8
平均FPS59.8059.6859.7159.8059.8359.76
平均GPU使用率798282818181
平均CPU使用率444343454644.2

 

  • Wallpaper Engine 起動あり
1回目2回目3回目4回目5回目平均
スコア535353585351536153585356.2
平均FPS59.6659.7259.6359.7459.7159.69
平均GPU使用率828080797980
平均CPU使用率454444444344

 

  • 比較
WE起動なしWE起動あり
スコア5364.85356.2
平均FPS59.7659.69
平均GPU使用率8180
平均CPU使用率44.244
表示項目、および小数点以下の処理はテストごとに異なります。

ご了承くださいませ。

結論「微妙に重くなります」

FF14・Division 2の両テストにおいて、Wallpaper Engineを起動した状態だと、起動していない状態よりもスコアが下回りました。

ここでDivision 2の結果を見てみましょう。

・FPSが低下(-0.07)

・GPU使用率が上昇(+1)

・CPU使用率が上昇(+0.2)

PCの負荷が高まり、それが動作低下の原因になっているものと推測できます。

とは言え、その差はごくわずか。FPSが0.07下がったところで、私は気付けません (^^;

 

さらにもう一点。先述したデフォルト設定の場合。

Wallpaper Engine は、前面に他アプリケーションが表示されると自動停止します。

そのため、ゲームなどのパフォーマンスへ悪影響を与えることは一切ありません。

 

重さが気になるとすれば、マルチディスプレイの場合でしょうか。

・要求スペックが高いゲームをプレイ

・極端に大容量な壁紙を設定

こういった状況下で、常時複数画面でWallpaper Engine を使用した場合、影響は大きくなるかもしれません。

マルチディスプレイでもないのに重くなる場合は・・・

使用PCが、Wallpaper Engine の要求スペックを満たしていない可能性があります。

・OS: Windows 8.1, 10

・CPU: 2.0 GHz Intel i7 or equivalent

・メモリー: 2048 MB RAM

・グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 660, AMD HD7870(2 GB VRAM ~)

こちらは推奨要件になります。

もし、この要件と同程度、あるいは低いスペックのPC場合、対策が必要です。

ご自身のPCスペックを調べる方法がわからない場合、こちらの記事で解説しております。

参考になさってください (^^)

=>Steamを遊ぶために最低限必要なPCスペック(2017年5月)

  • 画質設定を下げる

Wallpaper Engine の設定画面を開きます。

ここ上部の「パフォーマンス」タブを選択し、画質設定の「低」をクリック。

これで、グラフィック関連の設定が最低値に変更されます

  • それでもダメなら・・・

Wallpaper Engine の使用を中止するか、より高性能なPCの購入を検討するしかないと思います。

・快適な環境でPCゲームをでがっつり遊びたい!

・動画を編集したり、イラストを描いてみたい!

Wallpaper Engineのほかにこういった目的があれば、PCの買い替えは一考する価値あり。

最近では10万円前後の低価格帯ゲーミングPCも、各メーカーからリリースされています。

それでも高価ですが、その対価に見合う「エキサイティングな体験」があなたを待っていることでしょう。

「どうしようかな、ちょっと興味あるかも」

こんな気持ちが沸いてきたら、こちらの記事をご覧ください。

=>はじめてのゲーミングPC購入マニュアル ①後悔しないPCの選び方

「後悔しないPC選び」をテーマに、ゲーミングPCの選び方を解説しおります。

 

逆に、インターネットや文書作成がメインの方であれば、ちょっと悩むところ。

Wallpaper Engine のためだけにPCを買い替えるというのも、もったいないですよね。

この場合、思い切って使用を中止した方がいいのかも (^^;

もし買い替えるとしても、ゲーミングPCはおススメしません。

ゲームや映像関係で使用しないのであれば、ゲーミングPCは過剰スペック。

性能を持て余すことになり、高い出費の割に損してしまいます。

・コンパクトで持ち運びやすい

・性能面では大きく劣るが、その分非常に低価格

こんな特徴の「モバイルノートPC」はいかがでしょうか。

基本的に10万円以下で購入可能。5万円以下の製品もゴロゴロあります。

こちらに、PCメーカーサイトのリンクを貼っておきます。

=>おすすめノートパソコン(マウスコンピューター)

興味のある方は、ぜひ探してみてくださいね (^^)

=>『トップページ』に戻る